iKON、デビューコンサート「ショータイム」…観戦ポイントNO.3

  2015/10/07 

i03

YG新人グループアイコンが今日デビューコンサート「ショータイム」を開催する。

アイコンは、今日の午後6時、ソウルオリンピック公園体操競技場でデビューコンサート「ショータイム」を開いて、長い時間デビューを待って応援してくれたファンに会う。アイコンは、最近デビューアルバム先行公開曲「趣向狙撃」をはじめ、デビューハーフアルバム「WELCOME BACK」を公開、国内外の音源チャートのトップを席巻はもちろん、放送活動なし地上波音楽プログラムで1位に上がって歴代級デビューに成功した。

このような成果をもとに、「怪物新人」という評価を聞いているアイコンは、デビューと同時に披露今回のコンサートの観戦ポイント3つを調べてみた。

1. 2年余りぶりのデビュー!徹底した事前準備を通じてファンとの最初の出会い

アイコンはデビュー前から「WIN:WHO IS NEXT(以下WIN)」と「MIX&MATCH」のようなサバイバルプログラムを介して才能を誇示して歌謡関係者たちとファンたちの熱い関心を受けてきた。 BIは、WINNERーの「空虚」、EPIK HIGHの「ボンヘイタ」などのヒット曲の作詞、作曲に参加し、プロデュース能力を認められた。BOBBYは昨年9月に放映終了したエムネット の「Show me the money3」で優勝してラッパーとしての実力を証明した。正式デビュー前から国内外の強固なファン層が形成され、ファンたちは「WIN」以来、約2年余りの間、アイコンのデビューを待っていた。

アイコンは、ファンとのときめく初めての出会いを準備するために、別の場所を借りて、実際のコンサートのようなリハーサルを数回行うなど力を入れてきた。特にヤン・ヒョンソクYG代表プロデューサーはコンサート前日までリハーサルを陣頭指揮してセットリストから舞台設備、照明、音響など細やかな部分まで直接取りまとめるほど関心を傾けた。

このように徹底した事前準備を土台にしたコンサート「ショータイム」を介して、長い時間待ってくれたファンの前いよいよ最初の線を表示されるアイコンが、果たしてどのような舞台でファンに報いるか期待を集める。

2.「WELCOME BACK」新曲の舞台初公開

アイコンは、今回の公演でデビューハーフアルバム「WELCOME BACK」の収録曲の舞台を初披露する。ダブルタイトル曲「リズムに乗って」と「AIRPLANE」はもちろん、収録曲とソロ公演など、様々な舞台でアイコンのデビューを心待ちに待っていたファンの期待に応えるという観測である。特にタイトル曲「リズムに乗って」の舞台は、メンバーたちの強烈なパフォーマンスに基づいて派手なパフォーマンスが繰り広げられること伝わり、さらにファンの関心を集めている。また、今回の公演は、目を引く印象的には舞台装置と装置を使用し、さらに豊かな見どころを提供する予定である。

3.デビューからオリンピック体操競技場で「ビッグスケール」

アイコンがデビューと同時にコンサート開催という破格的な歩みに注目される中、新人としては異例の国内最大規模の公演会場であるオリンピック体操競技場でデビュー舞台を受けることも話題だ。特にアイコンはチケット前売りオープンと一緒に体操競技場の1万3千席完売を記録し、新人にもかかわらず、恐ろしいチケットパワーを誇示して、さらに注目されている。

デビューと同時に歌謡界に突風を起こして人気を集めているアイコンが、今回のデビューコンサート「ショータイム」でどのような独創的な舞台とパフォーマンスを披露するのか成り行きが注目される。すでにデビュー前から多くの舞台経験を積んできた新人にふさわしくない優れた音楽的力量と実力で武装したアイコンは、「ショータイム」を介してファンと会った後、4日、SBS「人気歌謡」に出演してデビュー後初の音楽放送に出て活発な活動を行う予定である。

出典:http://www.stardailynews.co.kr/news/articleView.html?idxno=71498

iKON関連記事