HIGH4, IU – 봄 사랑 벚꽃말고(Not Spring, Love or Cherry Blossoms)

  2014/12/10 

봄 사랑 벚꽃말고 (ぽん さらん ぽっこっ まるご / 春、愛、桜じゃなくて / Not Spring, Love or Cherry Blossoms)

1216_07

この曲もIUの曲です。新人男性グループHIGH4の曲に一緒に歌って素敵な

曲になりました♪
甘いリズムに寂しい歌詞ですが、春に聞いたら何だかわくわくします!
また、桜がふわふわ咲く春が楽しみです♪

きろっとん きょうね ちゆるごっ ぷみ ちょん なんぬん ぱんせく ことぅ
길었던 겨우내 줄곧 품이 좀 남는 밤색 코트
長かった冬の間ずっと、大きめの茶色のコート

く そげ なるる っそく かんちゅご こるむる ちぇちょけ ころっそ
그 속에 나를 쏙 감추고 걸음을 재촉해 걸었어
その中に身をすっぽりと隠して、早足で歩いた

くろんで さらんどぅる まり のまん あ じくっと うぇ くろに
그런데 사람들 말이 너만 아직도 왜 그러니
でも人々は言うの 君だけ、まだどうしたの?って

くじぇそや とぅるろぼに おぬせ ぼみ
그제서야 둘러보니 어느새 봄이
その時初めて見回してみると、いつの間にか春が

そん ちゃぷっこ こるる さらん はな おぷぬん ねげ
손 잡고 걸을 사람 하나 없는 내게
手をつないで歩く人なんて一人もいない僕には

たるこまん ぽんばらみ のむへ
달콤한 봄바람이 너무해
甘い春の風が辛いんだ

なまん っぺご た さらんえ っぱじょ ぽんのれるる ぷるご
나만 빼고 다 사랑에 빠져 봄노래를 부르고
私以外、みんな恋に落ちて春の歌を歌うの

っこちび ぽおな ぬん あぺ さるらんごりょど
꽃잎이 피어나 눈 앞에 살랑거려도
花が咲いて、目の前によそいでも

なん たるん いぇぎが とぅっこ しぽ
난 다른 얘기가 듣고 싶어
僕は違う話が聞きたい

はんばたん ふぃぷっするご ちながぼりる
한바탕 휩쓸고 지나가버릴
ひとしきり荒らして過ぎ去ってしまう

おお ぽん さらん ぽっこっ まるご
오오 봄 사랑 벚꽃 말고
Oh 春、愛、桜じゃなくて

ぼん さらん ぽっこっ まるご
봄 사랑 벚꽃 말고
春、愛、桜じゃなくて

ぼん さらん ぽっこっ まるご
봄 사랑 벚꽃 말고
春、愛、桜じゃなくて

ぼん さらん ぽっこっ まるご
봄 사랑 벚꽃 말고
春、愛、桜じゃなくて

そね たちど あぬる まるろ
손에 닿지도 않을 말로
手に届かない言葉で

なる っくんとぅるごりげ はじ まろ
날 꿈틀거리게 하지 말어
私を惹きつけないで

まん もくっこ ぱっけ ながど
맘 먹고 밖에 나가도
思い切って外に出ても

まくっさん むぉ ぴょる こ いんな
막상 뭐 별 거 있나
実際に特別なことなんて何もないの

そん ちゃぷっこ こるる さらん はな おぷぬん ねげ
손 잡고 걸을 사람 하나 없는 내게
手をつないで歩く人なんて一人もいない僕には

お さらんのれどぅり のむへ
오 사랑노래들이 너무해
Oh 愛の歌が辛いんだ

なまん っぺご た さらんえ っぱじょ ぼんのれるる ぷるご
나만 빼고 다 사랑에 빠져 봄노래를 부르고
私以外、みんな恋に落ちて春の歌を歌うの

っこちび ぽおな ぬん あぺ さるらんごりょど
꽃잎이 피어나 눈 앞에 살랑거려도
花が咲いて、目の前によそいでも

なん たるん いぇぎが とぅっこ しぽ
난 다른 얘기가 듣고 싶어
僕は違う話が聞きたい

はんばたん ふぃぷっするご ちながぼりる
한바탕 휩쓸고 지나가버릴
ひとしきり荒らして過ぎ去ってしまう

おお ぼん さらん ぽっこっ まるご
오오 봄 사랑 벚꽃 말고
Oh 春、愛、桜じゃなくて

なんどぅるぼだ ちょるしらん さらん のれ かさるる ぷるろ ぷぁ
남들보다 절실한 사랑 노래 가사를 불러 봐
他の人たちよりも切実な愛の歌を歌ってみて

すまぬん よにんどぅる かうんで うぇ なぬん ほんじゃまん
수많은 연인들 가운데 왜 나는 혼자만
たくさんのカップルたちの中で、どうして僕は一人ぼっちなんだ

っとくっかとぅん こりわ おじぇわ かとぅん おっちゃりん
똑같은 거리와 어제와 같은 옷차림
同じ道と昨日と同じような身なり

なん ちぇじゃりんで うぇ せさんうん ぴょなん こんまん かっち
난 제자린데 왜 세상은 변한 것만 같지
僕はまだ同じままなのに、どうして世界は変わるんだろう

ぬぐんがわ ぼんぎるる こにるご はる ぴりょん おぷちまん
누군가와 봄길을 거닐고 할 필욘 없지만
誰かと春の道を散歩する必要はないけど

ぬぐな はんぼんっちゅむん もむるご しぷん くろん きおぐる
누구나 한번쯤은 머물고 싶은 그런 기억을
誰でも一度くらいは立ち止まりたい そんな記憶を

まんどぅるご しぽ っとろじぬん ぽっごちぷっと
만들고 싶어 떨어지는 벚꽃잎도
作りたい 落ちる桜の花びらも

えんでぃんい あにん ぼむぇ しじゃぎどぅっ
엔딩이 아닌 봄의 시작이듯
エンディングじゃなくて、春の始まりみたいに

さしる よじゅん いぇんなる せんがぎ な
사실은 요즘 옛날 생각이 나
実は最近、昔のことを思い出す

こっきまん へど くりうぉじにっか
걷기만 해도 그리워지니까
歩くだけで恋しくなる

たし ぬっきる す いんな くんぐめじじまん
다시 느낄 수 있나 궁금해지지만
また感じることができるか、気がかりだけど

Then you know what

なまん っぺご た さらんえ っぱじょ ぼんのれるる ぷるご
나만 빼고 다 사랑에 빠져 봄노래를 부르고
私以外、みんな恋に落ちて春の歌を歌うの

っこちび ぽおな ぬん あぺ さるらんごりょど
꽃잎이 피어나 눈 앞에 살랑거려도
花が咲いて、目の前によそいでも

なん たるん いぇぎが とぅっこ しぽ
난 다른 얘기가 듣고 싶어
僕は違う話が聞きたい

はんばたん ふぃぷっするご ちながぼりる
한바탕 휩쓸고 지나가버릴
ひとしきり荒らして過ぎ去ってしまう

おお ぼん さらん ぽっこっ まるご
오오 봄 사랑 벚꽃 말고
Oh 春、愛、桜じゃなくて

ぼん さらん ぽっこっ まるご
봄 사랑 벚꽃 말고
春、愛、桜じゃなくて

ぼん さらん ぽっこっ まるご
봄 사랑 벚꽃 말고
春、愛、桜じゃなくて

ぼん さらん ぽっこっ まるご
봄 사랑 벚꽃 말고
春、愛、桜じゃなくて

ぼん さらん ぽっこっ まるご
봄 사랑 벚꽃 말고
春、愛、桜じゃなくて