「スーパーマンが帰ってきた」107話 ニュース

 

sss01

スアとソラが三つ子にはまった。

「スーパーマンが帰ってきた」107話では、スアとソラがテバギが初誕生日のお祝いの写真撮影の姿が出た。
ブランコに乗ったスアとソラはテハン、ミングク、マンセのお兄さんたちの中で誰が一番好きなのかと質問した。
ソラは「私はマンセお兄さん」と話し、スアは「ミングクお兄さん」と答えた。
イドングクは、「スア、ミングクお兄さんに送ってあげる」とブランコを激しく押した。

sss02

サラン、ハロウィーンカフェを訪問

「スーパーマンが帰ってきた」107話では、サランと矢野志保がハロウィーン文化を体験した。

この日UFCの試合の準備で忙しい秋山の代わりにサランとデートに出た矢野志保はハロウィンを迎え、ハロウィーンカフェを訪問した。

サランは入口からな恐ろしい雰囲気で、恐ろしい化粧をした従業​​員を見て「怖い」とつぶやき、矢野志保は「サランがどのような反応を見せるのか気になる」と遊び心を表わした。

サランは「復活の儀式」だと、サラダの上に騒がしくソースを投擲する従業員の行動に再び言葉を失い、火刑式を標榜して火がついたままサービングされたローストチキンを見て驚いた。

しかし、「食べない」と恐怖に震えたサランはチキンの味に魅了されたようにおいしく食事をし始めて笑わせた。

画像出典:「スーパーマンが帰ってきた」番組キャプチャー