「スーパーマンが帰って来た」三つ子、サラン、新年の挨拶が可愛い!

  2015/01/03 

03

「スーパーマンが帰って来た」三つ子、サラン、新年の挨拶が話題を集めている。

1月1日に放送されたKBS 2TV新年特集」スーパーマンが帰ってきた – スーパーマン家族が選んだ最高の瞬間」は、ソン·イルグクと三つ子、イ·フィジェと双子、秋山とサラン、タブローとハルの新年の挨拶が公開された。

まず、ソン·イルグクは、韓服を着た三つ子に「さあ、父とトリプルしよう」と述べた。続いてソン·イルグクは、「2015年乙未年の新年子は3倍より幸せな新年がお祈りに願います」と視聴者に挨拶した後、三つ子に「いずれも、気を付け」とした。

三つ子はお辞儀を上げるソン·イルグクに沿って「明けましておめでとう」とお辞儀した。成功であることを知っていたが、マンセが抜けた状態。さらに、ミングクがは足袋が抜けと涙声で話した。以来、再び挨拶を試みた三つ子。ただし、ミングクが床に広がるミスを犯したが、最終的に、挨拶に成功した。

イ·フィジェと双子も、視聴者に新年の挨拶をした。この日、自分一人で韓服を着て双子と一緒にカメラの前に座ったイ·フィジェは感慨が新しいように「子供がギア通う時一昨日だがすでに回っていた。成長した」と話を切り出した。

しかし、このときのミルクを飲んでいた双子は、突然一人二人席を浮かべる始め、イ·フィジェは単独でぽつんと残るなった。イ·フィジェは慌てたが以内」昨年一年、本当に多くのことを学び、感じた。視聴者の皆さんに感謝します」と言って視聴者たちにお辞儀を上げた。

サランも韓服をきれいに着飾って矢野志保の懐に抱かれ嬉しそうに視聴者を迎えた。まず、口を開いた秋山は、「2014大きな愛下さってとても感謝します。2015年より多くの愛が愛してくれたら嬉しい」と明らかにした。

以来、サランは、カメラに向かって特有のキュートな愛嬌を披露し秋山矢野志保と一緒に「明けましておめでとう」と新年の挨拶をした。

このような「スーパーマン」の子供たちのキュートな新年の挨拶にネチズンたちは “とても可愛い”、”三つ子トリプル私受け見たら良いだろう”、”ミングクが靴が離れてた泣いてたのがとてもかわいい。など熱い反応を見せた。

http://www.newsen.com/news_view.php?uid=201501021649542510