「スーパーマンが帰ってきた」90話 三つ子ニュース

      2015/10/06

0812_s02

「スーパーマンが帰ってきた」三つ子、「干し柿」に泣かせるなんて「怖い友愛」

泣く子泣きも取引やめ作る伝説の「干し柿」。三つ子が干し柿ので、視聴者を泣かせ作る反転を起こした。
去る9日放送されたKBS2「ハッピーサンデー – スーパーマンが帰ってきた」(以下「スーパーマン」)90回では、三つ子(の、民国、万歳)とチュー愛、ユートピアが寺子屋を見つけ礼節教育を受ける姿が描かれた。
毎回4歳の子供が合うたい姿を見せながら、感動を抱かれる三つ子は、この日も粘着性がある友愛で視聴者の目がしらを赤くした。
花殿に変身して寺子屋という新しい空間に来た三つ子は遊びに来たように神た。しかし、虎ギムボンゴン装飾が現れ、厳格な姿を見せる、三つ子は顔色を見始めた。いたずら万歳も緊張した様子がありありと見えた。
装飾はしつけに続いて子供たちに千字文を教えた。前しつけも “のがブラザー”、 “お父さんのお名前は、ソング日付スコップです」とサクサク言って装飾に賞賛を受けた中華民国がは千字文の授業でもエースとして登板した。中華民国が天千から押す黄まで正確に覚えた。装飾は、中華民国がの聡明に拍手をしながら、負傷で干し柿を示した。
続いて万歳も千字文を覚えるに挑戦した。万歳はジャルハヌンガ思うよ、「おこげ王」などのミスをした。これ干し柿を受けられなくなると、万歳は、悲しみと物足りなさが混じった涙を決めた。
すると民国が自分の干し柿を譲歩し、泣い万歳の笑顔を取り戻すた。中華民国がの細かい心に装飾は感心し、再び干し柿二つを与えた。中華民国がは「豆した方も分けて食べる」という父の言葉を覚えて干し柿かをのこのに与えようとした。
すると装飾はのこのはタメ口を釘直してはいけないというふうに言った。のこのは自分も修正しようしたが、ないされたので、寂しさが押し寄せて涙を決めた。これ装飾はについては、このに干し柿を与えながら上をしてくれた。
三鼻の感動はここで終わらなかった。翌朝、子供は自分が広がりきたご飯をすべて食べていた。しかし、欲にあまりにも多くのファーきた中華民国がとのこのは顔色を見ながら熱心に食べたけど、すべて食べなかった。
これ装飾は中華民国がとのこのに立ち上がっとした後、手を上げという罰を下した。万歳は型を真似自然席を立ってしようとした。しかし、装飾とお父さんが桁に座るヒョトゴ、万歳は涙を流す中華民国の姿を見て沿って泣いた。これ装飾は万歳も席を立ちとし、三つ子は並んで立って涙を流して罰を受けた。
一日一時に生まれた三つ子の友愛は格別だ。誰泣いたり大変な状況にチョハミョン、涙を拭いてくれて上してくれて力を与える。特にこの日三つ子が見せてくれた友愛は、大人をかっとにした。この子供たちも知っている友愛を、私たちは行っているかという考えに粛然となったこと。干し柿に視聴者の涙を誘った三つ子の友愛は本当に虎に勝った干し柿より怖い。

http://www.tvreport.co.kr/?c=news&m=newsview&idx=762727