「スーパーマンが帰ってきた」106話 ニュース

      2015/12/01

s01

三つ子、初のアトラクションに挑戦

「スーパーマンが帰ってきた」のデハン、ミングク、マンセが生まれて初めて高いところから落下するアトラクションに挑戦する。
「スーパーマンが帰ってきた」106話では、デハン、ミングク、マンセが高いところから落下するアトラクションに乗って幸せそうな姿が捉えられて耳目を集中させる。

三つ子は9ヶ月前、生涯初のバイキング搭乗当時に、恐怖心に氷になった経験があるので、バイキングを超えるトラクションの搭乗にさらに関心が集まった。
しかし、懸念と違って、三つ子に怖くないかというお父さんの質問に、大丈夫だと答えて、悲壮な表情で乗った。マンセは高いところから落下するというスリルに感嘆していた。

続いて、デハンは乗り物が上下に動くたびに笑い、完全に適応した姿を見せた。
特にミングクは急速に動くアトラクションにも、大胆に手を上げながら全身でスリルを楽しんで視線を集中させた。三つ子はお父さんの呼びかけに高空で「わー」と叫び、乗り物と渾然一体された姿で周りのすべてを驚かせたという。

s02

テバギ、歩きの練習に大成功

「スーパーマンが帰ってきた」はのテバギがお父さんイドングクと一緒に練習して、初めて直立歩行に成功した。106話ではテバギがお父さんの手を握らずに一人でリビングを1回回ることに成功している姿が描かれる。

朝からテバギは初歩の練習を開始した。テバギは思い通りに足が動かなく、一歩でも前に進もうと努力しけど、お父さんの手を放すと倒れてしまった。 
倒れてまた倒れてもだるまのように起きていたテバギは最終的には一歩ずつ歩くところ、なんと30歩を超えて歩いて直立歩行に成功してお父さんイドングクを笑顔にさせた。

テバギはまた笑って倒れずにリビングルームを一回りしてイドングクを驚かせた。

画像出典:「スーパーマンが帰ってきた」番組キャプチャー