「スーパーマンが帰ってきた」100話 サラン、ハングル書道も成功!

      2015/11/15

superman01 100回を迎えた「スーパーマンが帰ってきた」で、赤ちゃんから一緒にしたサランがしっかりしてる韓国語の腕前を見せて驚かせて、いつのまにかハングル書道に挑戦しながら、感動させた。 過去18日KBS2芸能プログラム「ハッピーサンデー – スーパーマンが帰ってきた」「100点のパパに向けて」ではサランがハングル筆でハングルの名前を書くに挑戦して視線を集中させた。 特に、スーパーマンを介して韓国語を習ったサランがいつのまにか、たちまち育っハングルまで書く姿は感動させた。だけでなく、お父さんと先生前で大人を敬い、礼儀作法を守る姿は視聴者たちまで嬉しくさせた。 この日のサランは去年の三つ子、ゆうとと訪問したマナーの学校の恐怖の先生と再会した。こっそり先生を家に招待したこと。思ってなかった先生の登場に後退したサランは、チュ・ソンフンの守備で逃げずに1:1のマナー教育を受けることになった。 しかし、徐々に適応していたサランは、礼節学校で学んだものを続々と思い出し先生を微笑みさせた。 書道教育を受けていた間に先生がサランに “ハングルで名前書くことができますか?”と聞くと、サランは「いいえ」と答えた。 これサランの最初のハングル書道の挑戦が始まった。 サランは先生の教えに沿って小さな手に筆を持って生まれて初めての挑戦をした。 サランは「チュ」という文字を書くことに集中していた。小さな手に筆を持って魂を吹き、最善を尽くして、開始したこと。 初めてのハングル書道にもかかわらず「チュ」という文字を完璧に書き、チュ・ソンフンと先生を微笑みさせた。 「チュ・サラン」という名前を全部一人で書けることはできなかったが、お父さんに手伝ってもらい、「サラン」まで全部完成して、初めての書道の挑戦を見る人々を微笑みさせた。

出典:http://tvdaily.asiae.co.kr/read.php3?aid=1445213085999783019