「スーパーマンが帰ってきた」サラン、三つ子の口にチョコレートを「心強い姉」

      2015/10/06

05

「スーパーマンが帰ってきた」サラン「親鳥」と三つ子「赤ちゃんの鳥」に変身した。

28日放送されるKBS 2TV「ハッピーサンデー – スーパーマンが帰ってきた」では先週、世紀の出会いを成功させ、特急話題を呼んで集めたサランと三つ子がチョコレートひとつで温かい友愛を披露する。

「三歳」三つ子よりもわずか5ヶ月、先に生まれた「四歳」サラン。しかし、この日のサランは、三つ子の前で心強い姉姿を見せて、笑顔をかもし出した。

事件の発端は、愛の犬キョロとブルだった。三つ子は、リビングルームに出てきたキョロとブルを見てびっくりして急いでソファの上避難した。

犬が怖くて、ソファの下に下がらず、嗚咽する三つ子。サランは、涙、鼻水をしてる三つ子を心配眺めて、三つ子を慰めるために秘密兵器を持って来た。

武器の正体は甘いチョコレート。愛はチョコレートかを持ち、泣いているマンセの口に入れてくれた、チョコレート味で恐怖がなくなったマンセは

いつ泣いたのかというように、「犬!怖くない!」と叫んで笑わせた。

続いてミングクはチョコレートを口に入れて顔いっぱいに幸せな笑顔してるマンセを見て、「サランがお姉さん!私も!私も〜」と叫んで

サランに鳥のように口をぱっと広げた。ミングクは口を開いたまま、親鳥サランのチョコレートを待って笑わせた。

これ愛は平等にミングクの口にもチョコレートを入れて、再び明るい笑顔を爆発させる三つ子の姿に満足し、姉微笑んで周辺を暖かくしたという裏話。

http://biz.newdaily.co.kr/news/article.html?no=10057812